Youtube SNSの登録をお願いします。

2018/10/2 第四次安倍改造内閣 環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)に任命されました。

------------------------------------------------------

主権と平和は

  

「法の支配」で守れ

   中国の違法開発を「国際仲裁裁判所」に訴えよ

 

店頭展示販売書店 ご案内 

 

【 福岡 】
ジュンク堂書店 福岡店
〒810-0001 福岡県福岡市中央区 1丁目10−13
メディアモール天神 B1~4階
時 間: 10時00分~21時00分
電 話: 092-738-3322  
紀伊國屋書店福岡本店
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街2−1 博多バスターミナル6f
営 業: 10時00分~21時00分
電 話: 092-434-3100  

〇イオン筑紫野店内 蔦屋
〒818-0042  福岡県筑紫野市立明寺434番地1

営 業 :9時00分~21時00分

電 話 :092-918-5757

 

【 東京 】 
〇新宿 紀伊國屋書店新宿本店
〒163-8636 東京都新宿区新宿3丁目17−7
時 間: 10時00分~21時00分
電 話: 03-3354-0131     
ジュンク堂 池袋本店
所在地 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-15-5
時 間: 10時00分~21時00分
電 話:03-5956-6111

 

【 大阪 】
紀伊國屋書店 梅田本店
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1−1−3 阪急三番街
営業時間:10時00分~22時00分
電話: 06-6372-5821 

 

 

------------------------------------------------------

 

【 尖閣を守れ

東アジアこそ世界平和の要衝

尖閣をはじめ、日本を取り巻く外交問題「 原 田 義 昭 」が鋭く切り込み激白 !!

              参考販売価格 1,000円

-------------------------------------------------------------------------------------

 

自由民主党 党員募集!!

あなたのチカラが、この国のチカラになる。

≪ 党員になっていただける方  ≫

入党資格

------------------------------------------------- 

① わが党の綱領、主義、政策等に賛同される方

② 満18歳以上で日本国籍を有する方

③ 他の政党の党籍を持たない方

 

◎ 入党申込書に氏名、住所、電話番号などを記入し、党費を添えて、最寄りの支部にお  持ちください。

◎ 党費:一般党員 年額    4,000円

     家族党員 年額    2,000円

     特別党員 年額 20,000円  以上

◎ 2年目以降の党費納入は、自動引き落としのご利用も可能です。ご希望の方は、都道府県支部連合会までご連絡ください。

◎ 申し込みには、紹介党員が必要です。知り合いに党員がいない場合は、ご地元の支部にご相談ください。

◎ 家族党員として入党するには、同一世帯に一般党員1名が必要です。

 

入党すると、「あなたも自民党総裁選で投票すること」ができます。

総選挙の前2年継続して党費を納めた党員の方は、総選挙の有権者になります。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

今日一日, 考えたこと (ブログ)

2020年

10月

29日

来客絶えず

  国会の事務所は相変わらず来客が絶えません。地元福岡ではいずれも大いにお世話になっている人ばかりで、彼らが東京に来た時はしっかりとお世話するのが礼儀というものです。これから暮れにかけて国の予算編成の時期、私たちにとっても勝負どきです。
  1、筑後川河川防災事業  林朝倉市長ら
  2、両筑土地改良事業  松岡理事長ら
  3、福岡県弁護士会  市丸福岡県弁護士会元会長ら

2020年

10月

28日

安倍前総理との昼食会

  自民党の中の議員集会「日本の尊厳と国益を護る会」(参議院議員青山繁晴氏主宰)が昼食会を開き、安倍前総理をゲストに呼んだ。総理辞任から1月余、ご大役を引かれて顔色などはずっと良くなられた。在任中は公式の挨拶が殆どでしたが、今や拉致問題など外交、内政、内話も多く、総理ともなればさすがに届く情報も半端でなかった。
  自由発言もあったので、私は菅義偉首相の国会演説を取り上げてデジタル庁のほか環境問題に触れた。経済と環境の両立、環境技術イノベーション、2050年までに温室効果ガス排出ゼロ、など菅氏は具体的政策を明確に立てたが、これは安倍内閣をより目標化したもので、安倍氏はこれからでもしっかり関与サポートすべきと促した。
  最後はツーショットでお開き、激励も頂いた。

2020年

10月

27日

九州の治水期成大会

  国会が始まると東京での政治活動が激しくなる。九州では今年も豪雨災害が頻発しており、毎年の河川治水対策には国(国土交通省)の関与が必要です。今日の治水期成大会では出席の市町村長から夏の球磨川氾濫を中心に九州の災害実態や対策の必要性が訴えられた。
  国交省の鳩山二郎政務官が冒頭に力強い演説をしたので、私はそのことをしっかりフォローして、今後の施策の強化を訴えました。

2020年

10月

27日

国政報告会

  太宰府市、大野城市での国政報告会を終えた。中央から衛藤征士郎先生、猪口邦子先生を迎えて歯切れのいい、力強い応援演説を頂いた。
コロナ後においては予測できない社会が現れる、その時こそ政治家としての「知恵と経験と勇気」が必要である、とても経験の無い新人などでは覚束ない••• お二人の応援演説は私の実績と今後への期待に集中した。確かに自分が歩いてきた議員25年、政治歴35年以上の歴史はこれらなくしてあり得なかった。地元情勢が次第に複雑になってきているが、私に掛ける期待は大きい、お陰で私は毎日を坦々と過ごしている。

2020年

10月

25日

自民党県連、麻生太郎氏セミナー

  1. 「自民党県連セミナー」3月に予定されたものが今日行われた。選挙に向けての決意が訴えられた。党本部から鈴木俊一前総務会長の講演が続いた。
  2. 「麻生太郎氏セミナー」 麻生財務大臣の政治経済セミナー。2000人以上でさすがに立派なもので、講演も「麻生節」が冴え大いに勉強になった。幕間に私の紹介もあり、緊張してお辞儀しました。

2020年

10月

23日

「尖閣諸島」を再確認する

  「尖閣諸島」は、二議なく日本の固有の領土である。が現実には中国が侵犯などの難癖をつけているので、日本としても工夫が必要である。自民党有志で、国が尖閣周辺の上陸も含めた調査や開発を積極的に進めることで次国会向けの提出法案を作った。その面々で自民党「下村博文政調会長」に説明、根回しに行った。
  領土問題では「実行支配」ということばがある。自国の領土をどう使おうと自由なはずであるが、日本はその消極性から周辺諸国の思惑を気にして必要なことをやらない。公務員を常駐させる、灯台を作る、一般人を居住させるなど、当たり前のことをやらないから妙な紛争を招く、中国を今日まで増長させてきた。私は、専ら日本の側の怠慢と責任であると主張する。今回この悪弊から一歩脱皮するためにこの調査・開発を具体化することとした。
  もとより下村氏も趣旨の推進役で、国会提出の党内準備はほぼ済んだことになる。下村氏からは激励と応援を受けた。

2020年

10月

23日

「日田彦山線」の将来

  3年半前の福岡県朝倉地区豪雨でわが東峰村が大災害を受け、生活幹線のJR日田彦山線が大破した。復旧復興目指して地元の調整が続いており、このほど県主導の基本計画もまとまってきた。(被災距離 添田ー日田市 29・2キロ 添田ー東峰村 14・1キロ。今後バスやBRT方式で復旧する予定)
  私は現にこの東峰村に足場を置いており、また一方で被災相手方の添田町では小学校、中学校に通った、いわばこの「日田彦山線」は私にとって人生を貫く重要路線である。災害後、JR九州とも事情聴取し地元、県庁とも折り折りに協議してきた。ここまできた長い間のご苦労に対し、関係者各位に心から敬意と感謝を捧げたい。
  そしてこれからこそが国の役割を含む本格的仕事が始まるという意味で、私も一層に頑張らなければならない。

2020年

10月

19日

地元、国政報告会

  今の時期、徹底した地元の選挙対策が必要です。私も今年はことのほか真剣に取り組んでおります。今日は春日市、那珂川市に分けて2カ所で地域集会、岩屋毅前防衛大臣に特別講演をお願いしました。岩屋氏と私は当選同期(平成2年)で、同じ派閥、とりわけ仲が良い。閣僚も同じ時期に務めました。岩屋氏はわかりやすい言葉で日本の防衛政策現状と課題を解説し、合わせて私の応援には真心を込めてくれました。
  この地元活動は来週もそれ以降も続けます。選挙の年には活動の質、量とも当然に増えますが、今年はコロナ禍の下、会合呼び掛け、運営についても様々な工夫が必要です。多くの皆さんの応援には感謝の気持ちで一杯です。

2020年

10月

18日

太宰府、古代遺跡の発見進む

  太宰府を含む福岡県では古代遺跡の開発が根気よく続けられています。各地に古代遺跡が点在し、そこに住む人々に古代のロマンと誇りを身近に与えています。
  太宰府には奈良後期から京都(みやこ、朝廷)の地方局(「政庁」)が置かれて西の守りに備えました。「蔵司(くらのつかさ、くらつかさ)」とは政庁の財務、税務事務所で、この名は今では地元の住所にも使われています。多くの謎を秘めていたが、近時、遺跡の開発が続き歴史の解明も進んできました。
  今日は調査機関の地元説明会に参加して古代先祖たちの生活の一端を垣間見ることが出来ました。私はこれら歴史情報には大方参加していますが、これは居ながらにして、古都に住むものの特権です。

2020年

10月

17日

福島原子力、汚染処理水遂に海洋投棄決定へ

  福島県の東京電力第1原子力発電所事故から9年半、未だ多くの問題が残されている。私は環境大臣を辞任する直前の記者会見(令和元年9月10日)で汚染処理水を溜めた膨大なタンク量に対しては、「結局海洋投棄するしかない、安全性は確保される、但し風評被害は国が担保する」旨の発言を行った。一時大騒ぎになり、私も激しい非難を浴びたのだが、その後政府内での慎重かつ総合的な検討の上、遂に海洋投棄を軸に結論出すとの方針が決定された。今朝は殆どの朝刊がその旨を書く、朝早くには親しい新聞記者から「遂に先生の言われた通りになりましたね」と電話もくれた。
  私が誇るべきものは何もない。ただ在任中密かに調査分析を進め、結果を大臣見解として発表した、その内容が、1年後の今、政府の最終案として決定されようとしている。
  原子力は、言うまでもない、その運転管理の安全性について、また政治的社会的な側面から解決すべき課題は甚だ多いが、しかし一方でエネルギー政策上の重要性が減ずるわけではない。今回の処理水の処理などひとつひとつの解決を現実に積み上げることで、結局は「原子力エネルギー」という遠大な国家目標の実現に近づくことになる。私の行動が何ら役割を果たしたというなら、それは政治家として望外の成果と言わなければならない。

-------------------------------------------------------------------------------------

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

衆議院予算委員会海外公式派遣(フランス・ドイツ・ロシア・中国)   平成27年10月25日~11月1日

-------------------------------------------------------------------------------------

 

■ 国際情報検討委員会発足

 中国や韓国による第三国での反日宣伝に対抗する情報発信戦略を構築するため、自民党が「国際情報検討委員会」を27日にも発足させることが分かった。

  委員会では米国での中韓両国の宣伝活動を調査。米国に政府の情報戦略拠点を設置し、対抗のための情報発信を行うことを検討する方針だ。

 同委員会の設置は、中韓両国が安倍晋三首相の靖国神社参拝や慰安婦問題などを引き合いに日本の批判キャンペーンを強めていることから、誤った認識が世界に広がることを抑制し、情報発信で攻めの姿勢に転じることが狙いだ。

 

自民党外交・経済連携本部(本部長・衛藤征士郎衆院議員)の下に設置。 

委員長は、原田義昭衆院議員が就任する方向となっている。 

 同委員会では、米国内で行われている中韓両国の宣伝活動を中心に調査し、ロビー活動や議員外交、市民運動、教育機関の連携なども幅広く精査する。宣伝活動の狙いを総合的に把握することで、日本との外交案件にどのような影響を及ぼしているかを分析し、日本の情報発信戦略に生かしていく考えだ。 

 さらに、中韓両国に対抗する情報発信戦略を有効的に実行するため、政府全体の情報発信を統括する新組織や在外拠点の設置も検討する。NHKの国際放送のあり方を見直すことも議論していく。官民の役割分担を研究し、政府組織への予算確保とともに、民間活動への資金援助も視野に入れている。

                                産経ニュースより

国際情報検討委員会 委員長として安倍首相に報告(報告後官邸にて記者会見様子)
国際情報検討委員会 委員長として安倍首相に報告(報告後官邸にて記者会見様子)
引き続き 菅官房長官へ報告
引き続き 菅官房長官へ報告

-------------------------------------------------------------------------------------