原田義昭君と日本を語る会のご案内

2018/10/2 第四次安倍改造内閣 環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)に任命されました。

------------------------------------------------------

主権と平和は

  

「法の支配」で守れ

   中国の違法開発を「国際仲裁裁判所」に訴えよ

 

店頭展示販売書店 ご案内 

 

【 福岡 】
ジュンク堂書店 福岡店
〒810-0001 福岡県福岡市中央区 1丁目10−13
メディアモール天神 B1~4階
時 間: 10時00分~21時00分
電 話: 092-738-3322  
紀伊國屋書店福岡本店
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街2−1 博多バスターミナル6f
営 業: 10時00分~21時00分
電 話: 092-434-3100  

〇イオン筑紫野店内 蔦屋
〒818-0042  福岡県筑紫野市立明寺434番地1

営 業 :9時00分~21時00分

電 話 :092-918-5757

 

【 東京 】 
〇新宿 紀伊國屋書店新宿本店
〒163-8636 東京都新宿区新宿3丁目17−7
時 間: 10時00分~21時00分
電 話: 03-3354-0131     
ジュンク堂 池袋本店
所在地 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-15-5
時 間: 10時00分~21時00分
電 話:03-5956-6111

 

【 大阪 】
紀伊國屋書店 梅田本店
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1−1−3 阪急三番街
営業時間:10時00分~22時00分
電話: 06-6372-5821 

 

 

------------------------------------------------------

 

【 尖閣を守れ

東アジアこそ世界平和の要衝

尖閣をはじめ、日本を取り巻く外交問題「 原 田 義 昭 」が鋭く切り込み激白 !!

              参考販売価格 1,000円

-------------------------------------------------------------------------------------

 

自由民主党 党員募集!!

あなたのチカラが、この国のチカラになる。

≪ 党員になっていただける方  ≫

入党資格

------------------------------------------------- 

① わが党の綱領、主義、政策等に賛同される方

② 満18歳以上で日本国籍を有する方

③ 他の政党の党籍を持たない方

 

◎ 入党申込書に氏名、住所、電話番号などを記入し、党費を添えて、最寄りの支部にお  持ちください。

◎ 党費:一般党員 年額    4,000円

     家族党員 年額    2,000円

     特別党員 年額 20,000円  以上

◎ 2年目以降の党費納入は、自動引き落としのご利用も可能です。ご希望の方は、都道府県支部連合会までご連絡ください。

◎ 申し込みには、紹介党員が必要です。知り合いに党員がいない場合は、ご地元の支部にご相談ください。

◎ 家族党員として入党するには、同一世帯に一般党員1名が必要です。

 

入党すると、「あなたも自民党総裁選で投票すること」ができます。

総選挙の前2年継続して党費を納めた党員の方は、総選挙の有権者になります。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

今日一日, 考えたこと (ブログ)

2019年

10月

10日

自民党会議「人生100年時代、全世代型社会制度」

  自民党の朝の社会制度委員会は表記の課題で、実に重要かつ中身の濃い会議で、1時間の予定をはるかに超えて終わりません。私も久しぶり自民党本部の会議で、多くの議員たちの真剣な討論を聴き、自分の勉強不足を感じました。
  日本医師会の横倉会長も、歯科医師会長、薬剤師会長とともに基調講演をされて全体の議論をリードされました。この会議は、しばらく継続し、今後の日本の社会制度政策の基本を提示します。

2019年

10月

09日

「原田氏は卑怯」か

  「原田氏は政治家として卑怯だ」と「田崎史郎氏」は言った。福島原発の処理水の海洋放流問題がテーマになった昼のテレビ番組(10月3日 TBS 「ひるおび!」)で。私が大臣辞任の前日、最後の記者会見で発言したことについて、なぜ逃げるように発言したのか、なぜ在任中に発言しなかったのか、ということを指したもの。
政治家はその言動について如何に批判をされようとも覚悟の上ですが、「卑怯」という言葉は容赦できません、政治家が最も嫌う、最も人格を傷つける表現だからです。私は未だ「卑怯」と言われた記憶はありませんし、「卑しい」とか「ずるい」とかだけは言われないように心掛けてきました。私は決して自分を立派とも、まして完璧な人間だとも思っていません。多くの欠点のある普通の人間ですが、ただ少なくとも政治家として立派であろうと不断の努力はしているつもりです。
  そしてこの福島原発の処理水問題につき、1年近く思い巡らせてそれを発表したことに対し「卑怯だ」と言われる筋合いは全く見出せません。
私はそのことでTBS社に抗議しました。担当者レベルで謝罪も受けました。私は田崎氏にはその旨しっかり伝えて欲しいと依頼しました。

  昨年10月、大臣就任早々に福島の原発事故跡の現場を視察しました。広大な敷地に1000個にも及ぶ異様なタンク群と「今後の見通しは立っていない」という東電職員の説明に、これでいいのかと素朴な疑問と強い違和感を持ったのが最初でした。爾来、折を見つけて、政府の担当者、多分10人を超える専門家とも個別に意見を交換しました。意識的に新聞記事など周辺情報も集めました。とりわけ「原子力規制委員会」委員長 「更田(ふけた)豊志氏」が一貫して「処理さえすれば、放出しても良い」、「国際的安全基準は心配ない」の発言には大変心強く思いました。前任の委員長「田中俊一氏」も同じだったと聞きました。

  大方の人が、「放出やむを得ない、しかしそれを言えば大変な混乱を起こす」という印象でした。経産省の小委員会ではつい結論を出せないまま、延々と日が経ってきた。様々の方策、例えば貯留水を蒸発させる方式、地下に埋める方式、「凍土壁」を作って放射能デブリ(燃料廃棄物)と遮断する方式、遠く外洋に捨てる方式・・・いずれも現実的な解決とは思えなかった。処理水は今も毎日170トン増えている、この8月の貯留量(累積)は115万トンになる。2022年夏には137万トンとなり、既設の貯留スペースは満杯となり、どこか広大な場所を探さなければならない。いつ終わるのか、予測は立たない。その費用は一体誰が負担するのか、も大事な論点である。

  記者会見では、記者団に訊かれるままに、福島原発に触れた時「海洋への放出、稀釈しか残された選択はない」と発言しました。記者団は少し騒ぎになりました。私はその瞬間誰かが言わなければならないと素直に決断しました。本件、厳密には経産大臣の専管事項であって所管外の人間が発表する案件でなかったこと、しかし自分は広く原発問題を扱う「環境大臣」、「原子力防災担当大臣」であり、それ以上に『国務大臣』としての仕事があること、政治家として最後の勇気を振るわなければいけないと咄嗟に判断したものです。

  私はそのことも、またその後に起こったことにも、一切後悔はしていません。

2019年

10月

07日

(相手のいない独り言)「雑踏と孤独と幸せと。」

  終便を待つまでの福岡空港、1人、ロビー廊下のベンチにしばし座っています。多くの人が歩いています。次から次から、右から左から、人が湧いて来ます。これから乗る人、もう降りて帰る人。会った人、別れる人。幼児が駆けていくのを、父親が追っかけて、子供が転び、泣いていました。並ぶお店は最後のお土産で、賑わっています。どの店にも『博多通りもん』(銘菓)が積んであります。皆んな生き生きしています。今日1日はきっと楽しかったのでしょうか、悩みの顔は見当たらない。
  1人でいるなど本当に何年ぶりです。寂しいかって?いや、とても幸せです。そして日頃の生活に感謝を思います。明日朝もまた、早やそうです。機中では、一寝入りできるかも・・・

2019年

10月

07日

天皇御即位奉祝「福岡県民大会」

  天皇御即位奉祝「福岡県民大会」が福岡市で行われました。10月22日「即位の礼」への雰囲気が次第に盛り上がってくるのを体感致します。

  第2部としてサンマリノ共和国大使「マンデロ・カデロ」氏の記念講演がありました。カデロ氏は日本で最も長い駐箚(ちゅうさつ=駐在)大使で、現在日本への外交団団長を務めておられる。サンマリノ本国に正式な神社を建立し、日本と皇室とを非常に大事にしておられる。サンマリノとはイタリアの内陸にある、共和制の小国です。

2019年

10月

06日

日米韓、議員指導者会議

  名古屋市で開かれた「日米韓、議員指導者会議」に、福岡からとんぼ返りで出席して多くの関係者と出会いました。太平洋を挟んだ平和と繁栄がテーマで、とりわけ日韓の外交的暗礁が議論されました。なかなか名案が出て来ないのも今回の特徴です。
  米国の有名なギングリッジ元下院議長(共和党)とも短く会話しましたが、思ったより紳士でした。

2019年

10月

06日

1964年東京オリンピック、五輪の飛行雲、青空に

  1964年10月10日、東京オリンピック開会式。青空にいきなり飛行機が5機飛んで来て、鮮やかな5輪を描いて、また遠くに飛び去りました。航空自衛隊の「ブルーインパルス」という部隊ということを後で知りました。
  その「ブルーインパルス」の隊長だった人が、今日の 新聞(読売)に墓碑銘で載っていました。日本人にどんなに誇りと自信を与えた飛行だったか。実に私はその真下、「国立競技場」の中にいたのです。澄み切った青空、5つの真白い輪、首が痛いくらい見上げたものです。
  「父は来年のオリンピックは是非見たいと言っていましたが、遂に果たせませんでした。」というのは息子さん。皆んな、追憶の中で、この瞬間は生きているのです。

2019年

10月

05日

福岡での激励会「日本を語る会」

  臨時国会が始まりました。明治期から数えて200回になるという記念すべき国会会期で、私も当然ながら気持ちを新たに頑張る決意であります。

  地元福岡で、「日本を語る会」として激励会を開いて頂きました。ほぼ恒例とはいえ、毎度多くの皆様に物心多大な負担をお願いするのは恐縮の至りですが、その分政治の本務でしっかりと返さなければなりません。閣僚を降りて、新たな気持ちでその職務に当たることを皆様に訴えました。

2019年

10月

04日

自民党 外交部会へ復帰。青山氏「習近平国賓、断固反対」

  久しぶり、自民党の外交部会に復帰しました。閣僚時代には、もちろん政府部内が混乱せぬように言動は控えていましたが、内心の葛藤は大きいものがありました。
  早速思いの一部を発言しました。
1 )中国の尖閣列島への進出、領海への侵略は目に余るものがある。以前のように政府、外務省は中国への厳しい抗議を毎度やっているのか、首脳会談、外相会談の際正面から侵略は止めろと言っているのか。今、日本と中国は空前の関係改善などと言っているが、浮かれておられる状態なのか、と質問しました。
  すると、青山繁晴議員が私をフォローして、来春には習近平主席が来日するなどが議論されているが、このままでは「国賓招待などは断固反対」すると発言された。


2)ロシアとの北方領土交渉に付いて、今や2島も返ってくるか懸念されている。私は過去に「4島一括」としか演説した記憶はない。2島に落とし込むのなら、日本が4島に徹底的に拘った末にロシア側こそが「2島で許してくれ」と妥協してこさせるのが領土交渉のイロハである。平和条約への道筋に付いてもう一度「4島一括」を復活させるべきではないか。


3)イランへの外交活動にはローハニ大統領を相手にするのでなく、ハメネイ最高指導者を目指さなければ全く効果がないと言われる。再検討して欲しい。

2019年

10月

03日

日テレ『深層ニュース』に出演

  人気番組、辛坊治郎さんの「深層ニュース」に出ました。福島原発処理水の海洋放出問題と関西電力の不明朗金銭問題がテーマ、特に後者は余りの酷さに声を失う。いずれもいくら時間があっても足りない重たいテーマ、私には大いに得意分野であるが、テレビ出演というあの時間帯でどこまで言えたか、分かってもらえたかは自信がない。ただ辛坊さんらの「政治が悪い」、「電力会社が悪い」類いのやや一方的まとめ方にはいささか意見を異にする。番組の性格上やむを得ないのか。
  私もこのところすっかりマスコミ付き合いが多くなり、発言と影響力には十分気を配らなければなりません。

2019年

10月

01日

誕生日にあたり

  お陰様で誕生日を迎えました。75歳という歳になって気がつくのですが、我ながら今日まで本当によく元気に頑張った、そして心身ともに40歳くらいに生気が漲っており、今は亡き父母に、この立派な五体を授けてくれたこと、あの子どもの時代になんと手塩に掛けて育ててくれたことかを改めて感謝することになります。
  今後益々、社会国家のために努力を続けたいと思っております。皆様の更なるご叱正をお願い申し上げます。

  多くのfbの友人たちから心のこもった誕生日お祝いを頂きました。いちいち返事は書けませんが心から感謝していることをお伝え致します。ご期待のとおり、これからもしっかりと務めを果たして参りますのでよろしくご指導お願い致します。

-------------------------------------------------------------------------------------

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

衆議院予算委員会海外公式派遣(フランス・ドイツ・ロシア・中国)   平成27年10月25日~11月1日

-------------------------------------------------------------------------------------

 

■ 国際情報検討委員会発足

 中国や韓国による第三国での反日宣伝に対抗する情報発信戦略を構築するため、自民党が「国際情報検討委員会」を27日にも発足させることが分かった。

  委員会では米国での中韓両国の宣伝活動を調査。米国に政府の情報戦略拠点を設置し、対抗のための情報発信を行うことを検討する方針だ。

 同委員会の設置は、中韓両国が安倍晋三首相の靖国神社参拝や慰安婦問題などを引き合いに日本の批判キャンペーンを強めていることから、誤った認識が世界に広がることを抑制し、情報発信で攻めの姿勢に転じることが狙いだ。

 

自民党外交・経済連携本部(本部長・衛藤征士郎衆院議員)の下に設置。 

委員長は、原田義昭衆院議員が就任する方向となっている。 

 同委員会では、米国内で行われている中韓両国の宣伝活動を中心に調査し、ロビー活動や議員外交、市民運動、教育機関の連携なども幅広く精査する。宣伝活動の狙いを総合的に把握することで、日本との外交案件にどのような影響を及ぼしているかを分析し、日本の情報発信戦略に生かしていく考えだ。 

 さらに、中韓両国に対抗する情報発信戦略を有効的に実行するため、政府全体の情報発信を統括する新組織や在外拠点の設置も検討する。NHKの国際放送のあり方を見直すことも議論していく。官民の役割分担を研究し、政府組織への予算確保とともに、民間活動への資金援助も視野に入れている。

                                産経ニュースより

国際情報検討委員会 委員長として安倍首相に報告(報告後官邸にて記者会見様子)
国際情報検討委員会 委員長として安倍首相に報告(報告後官邸にて記者会見様子)
引き続き 菅官房長官へ報告
引き続き 菅官房長官へ報告

-------------------------------------------------------------------------------------