裁判所、「伊方(いかた)原子力発電所」の稼働許可

  四国電力は伊方原発の再稼働につき、広島高等裁判所に異議申し立てをしていたところ、その申し立てが認められ再稼働することとなった。四国電力の伊方原発は昨年、広島高裁にて「稼働差し止め」の仮処分が出されていた。
  そもそも熊本県の阿蘇山が万が一火山噴火すると、愛媛県の伊方原発に悪影響するという極めて確率の低い事象に対する安全性が市民団体から出されていたもので、私もまさか裁判官も、今回は正常な判断をしてくれようと期待していた。
  日本のエネルギー政策上、原子力発電は未だベース電源として絶対に必要なもので、しかしその管理上の安全性については強調し過ぎることはない。エネルギー問題は、今回の北海道大地震によって全道が暫しブラックアウト(大停電)になったなど、いつの時代も決して気を緩めてはならない。