九州大学 伊都キャンパス完成記念

  九州大学が実に27年の歳月を掛けて、都心から福岡市西区に全面移転、その完成式典がキャンパス内の大講堂で行われた。生まれ変わった大学として、学問、教育を一層磨き、その成果を内外に発信する、「知の拠点」はまさに福岡一帯を新しい学園都市に作り替えることとなる。
  式典後、ノーベル賞学者「大隅良典」博士(福岡市出身)の「50年の研究生活とこれからの科学技術政策」と題した記念講演が行われた。私には本物のノーベル賞学者の講演は初めての経験で、強い感銘を受けました。