北海道育ち

  「東京沼田会」に参加しました。北海道に「沼田町」という4000人くらいの町がある。私は小学校の3年間、そこで暮らした。父親の勤める炭鉱が盛況で、往時は2万人くらいの人口があった。真冬には零下30度くらいになる、雪は3メートルも積もり、スキーやスケートで野山を駆け回った。私の住地はその後ダム湖に沈んだ。
  かくして北海道は私の第2の故郷で、「道産子(どさんこ)」を任ずることにいつも誇りを感ずる。未だ多くの友人を有し、先日の地震の時は案ずる人がたくさんいた。何年かごと「沼田会」に出ると、あの子供の頃にバックする。