高校生から金融教育を推進する

  日本は国民の中に国際金融の認識が薄いと言われ、それが日本の将来を不安にさせている。現実に東京も、シンガポールや香港、ドバイなどから国際金融センターの地位を奪われつつある。「高校生金融教育活動」は金融、国際金融、国際政治の基礎を高校生の時代から教えようとするもので、これらの問題に専門化した競争試験などを全国で実施しており、これを全国銀行協会や各地の銀行、信金などの金融機関が応援しています。

  私も早くからこの活動に関与しており、今日はその役員さんたちが大臣室に挨拶に来られました。テレビで有名な「野中ともよ」さんも重要役員です。