大阪青年会議所とSDGs環境活動

  大阪青年会議所( 大阪JC )に招かれて、環境政策について講演し、かつ新年の懇親を深めました。大阪JC、さらには(上部団体の)日本JCは今年、「いわゆるSDGs」(国連の決めた持続可能な発展目標) を中心に運動を進めるということで、これはまさに環境政策の目指す国の行動方針と 軌を一にするもの、私が環境大臣としてその意義を更に詳しく説明する絶好の機会となりました。
  大阪JCは1000人以上の現役会員を数えOB会組織も加えると、そのパワー、影響力は大変なもので、 彼らがこの環境運動に参画されれば、我々行政にとってもどれほどの応援になるか、有り難い限りです。この際多くの会員、OB会員と挨拶して交流を深めました。

 私には大阪の皆さんとの本格交流は初めてですが、2025年「大阪万国博」の決定を受けて地元はいやが上にも盛り上がっていることも実感しました。
  実は私も川崎JCのOBで、青年会議所運動にはかなり精通しています。私は40...歳までの5、6年、川崎JCで活発に活動し、その後に神奈川県から衆議院選挙に出た経緯があります。その時の友人こそ、今でも私の有力な人脈のひとつです。

  懇親パーティのあと別室にて、大阪商工会議所 副会頭の「鳥居 サントリー社副会長」 及び 大阪JC 「小島理事長」との環境問題に関する三者鼎談に臨みました。雑誌社の企画で、熱っぽい議論が続きました。