「直ぐやる」覚悟。福島県地方議会、来所

  福島県楢葉(ならは)町の議員団が要請活動に来られた。あの東日本大震災、東電 原子力発電所事故が起こって8年、福島県の人々にとっては、放射能汚染との闘いは毎日、実に今日も、続いているのです。未だ数万の人々が自分の家にさえ帰られない状態です。地元の議員さんたちにとっても、地域の復興と住民の生活再建を目指した懸命の活動が休みなく続いています。
  国はこれら支援のために万全の態勢で臨んでいますが、折にふれて、地域の皆さんの要請を直接、具体的に聴くことで、さらに多くのやるべきことに気付くのです。私は相談を受けると、大臣として「直ぐにやります」と答えるように心がけています。
( 秋元副大臣、菅家政務官ともども要請文を受け取る)