オリンピックの金メダルは「リサイクルから」

  来年の東京オリンピックの金銀銅メダルは、全部で1・7トン、全て国民の協力で集めたケータイ、パソコン、スマホなど小家電の廃材から取り出します。今日は国全体の活動が終結したことを、「櫻田オリンピック担当大臣」と私とで正式に宣言しました。(於、環境省ビル)
環境政策として、3R(スリーアール=Reduce, Reuse, Recycle)という大原則が確立していますが、約2年前、環境省がオリンピックメダルをリサイクルで集めようと発案し、政府、経済界、国民の運動に広がったものです。当時からの関係者にとっては本当に感無量のものがあります。
  多くの記者、報道陣の前での発表となりました。私は「テレビでオリンピックのメダル授与式を見ると、国民の皆さんは自分のスマホがリサイクルされたのだ、と思い出されるでしょう」と挨拶しました。