カザフスタン大使の来訪

  中央アジア・カザフスタンの大使が急に来訪。本国で政変があって大統領が突然辞任した、日本政府のコメントが欲しいという。大使とは旧知の仲で、特にエネルギー問題では何度か行き来した。ナザルバエフ大統領は30年以上の独裁的政権で、クーデターなどによる政変ではなさそう。
  私は、「今内閣にいるので外交発言は外務省に任せる。ただ引き続き日本との友好関係が続くように。とりわけ環境問題、エネルギー問題では今まで以上に密接な国際交流を図りたい。」と答えました。大使とは今後の友情を確認して、握手で別れました。