大阪市長候補『柳本あきら』の必勝に向けて

  3月29日、定例の閣議や記者会見を終えた午後、大阪に新幹線で急ぎ、大阪市長選挙の自民党推薦 『柳本(やなぎもと)あきら』候補への応援に行きました。大阪維新の前知事が対抗馬。例の「大阪都構想」が選挙の争点で、国民から見れば決着は付いていた、いつまでやっているのか、という感じで、いい加減終わりにした方が良い。
  6月のG20サミット、2025年「大阪万国博」など国民は大阪のこれからに極めて大きな期待をしている。「柳本あきら」候補は45歳の若さ、市議会議員で頭角を現してきた。7月の参議院選挙では自民党公認候補に早くに決まっていたところ、急な大阪市長選挙に請われて出ることになった。大阪府知事候補「小西さだかず」氏とペアで戦う。

  「柳本あきら」氏は「柳本卓治」参議院議員の甥に当たる。柳本卓治議員は私と同年、平成2年に衆議院 同時の初当選、爾来全く同じように当選回数を重ねた。私は渡辺美智雄元大蔵大臣、柳本氏は中曽根康弘元首相の元で育ってきた。柳本氏は途中参議院に転じて今は参議院憲法審査会長の職にある。互いのキャリアと性格で、私とは最も馬の合う友人、公私ともに二人で平成時代を生きてきたことになる。
  新時代の大阪のために『柳本あきら』をよろしくお願いします。