福島市にて「災害復興協議会」

  東日本大震災から8年過ぎましたが、今日は福島市において復興大臣、経産大臣と打ち揃って「災害復興協議会」に出席しました。法律上の組織であって、政府からは省庁の副大臣、政務官を含む多くの職員が出席し、一方、福島県側も、知事、県議長ら関係市町村長、業界会長らが集合し、大変重厚な会議です。
  各省庁から当面の状況説明を行い、続いて県側からはそれぞれ直面する問題点の指摘と政府への要望などが行われた。発災8年間の経過にはそれぞれの事業成果はあるものも、未だ帰還困難者が4万人おり、復興への道のりは遥かに「道半ば」、政治も行政もさらに復興活動を加速することが必要です。