北京にて、日中経済閣僚会議。

  日中経済閣僚会議が北京において行われました。河野太郎外務大臣を筆頭に6閣僚が出席しました。初日(4月13日)は日本大使招宴、2日目は中国側の「王毅」外務大臣を議長として全体会議、3日目は「李克強」国務院首相との合同会見や「李幹傑」環境大臣との二者会談などをこなしました。私は環境大臣として、パリ協定の長期戦略、海洋プラスチック汚染問題、生物多様性条約など、わが国の立場、主張を目一杯発言しました。
  私は中国訪問は4年振りです。今回の会議は日中関係が「殊の外、良好」という認識の上で開催されたのですが、日中外交関係を専門に取り組んできた私にとっては、閣僚という立場は別にして、感慨の深いものとなりました。