「令和」始まる。国の発展を。

    5月1日、いよいよ「令和」が始まりました。今朝はまず臨時閣議、即位の礼の万端が決められました。ついで着替え( 燕尾服 )した後、皇居に向かいました。天気は見事に晴れ上がり、皇居外苑では多くの人々がこの祝事を待ち受けていました。昨日の雨はいわば涙雨、先帝との別れの雨であり、今日の晴天はいわば新天皇謹賀の舞台づくり、実に天空こそ私たち日本人の心を何よりも表現していました。
     「松の間」での、二つの式典「剣璽等承継の儀」、「即位後朝見の儀」を閣僚としてこなしました。新天皇の即位、おことば等を直々に拝謁して、令和の世の健勝ならんこと、国の発展を心から祈りました。