韓国の全権大使を迎えて。「環境外交」はあるか

  韓国の南(ナングァンピョ)全権大使が、新任の挨拶に来られた。両国の環境問題などについて意見を交わしました。大使は日本経験もあり、中々の有能な外交官と見受けた。

  今の日韓関係は非常に複雑で、戦後最悪の外交関係といわれている。私は外交安保の専門を任じており、今は閣僚ゆえに言動は自制しているが言いたいことは山ほどある。内心の葛藤は大きい。
  ただ、日韓はこれでいいはずはない。環境問題、実はどの国にとって気候変動もプラスチック問題も、共通の悩みなのだ。あるいは「環境外交」こそ日韓関係を解きほぐす契機にならないか。というのが、今の私の頭にある。