少年相撲大会、何と誇らしい子どもたち。

  九州全域から小学生、中学生の相撲力士が集まって、300人以上が覇を競う。本当に小さい小学生から、もう大人顔負け、堂々たる体躯の中学生もいます。九州は尚武 (武道が盛ん) の地域で、私にはそれだけでも嬉しいのです。     思えば私もその頃は、相撲が大好きだった。そして強かった。学校では休み時間、本当によく相撲を取った。いくつも住む地が変わったけれど、何処でも神社奉納の相撲大会があったものです。「原田は相撲が強かった」と今でも言われるのが、実は密かな誇りす。                             今日の私のあいさつ。「『日の丸国旗』に向かって『君が代の国歌』は大きな声で歌いましょう。    皆さんは日本に生まれて、またこの九州の地で、お父さんお母さんと生活出来ることは本当に幸せなことなのです。相撲は思い切り稽古しましょう。この九州から立派な横綱が何人も出ました。そして先日の大相撲にはアメリカからトランプ大統領が来て応援下さいました。令和の時代は君たちが頑張る時代です・・・」