アメリカの高校生、来訪

  アメリカからの高校生が大勢であいさつに来ました。外務省の青少年交流事業で、テキサス州フレデリックスバーグの高校生たち。この町には太平洋戦争の歴史を刻んだWar Memorium(「戦争博物館」)があり、私も2年前には2、3の議員と一緒にここを訪問しました。そのまじめな、かつ非常に立派な展示内容に感銘を受けたものです。
  私は歓迎の言葉を伝えたうえで、日本とアメリカの戦争と平和、歴史的関わりを話し、先月のトランプ大統領の訪問で、私は数分ながら直接に挨拶、会話したこと、現在日米の絆こそが世界で最も強いことなどを説明しました。さらに、はるか昔高校生の折に、オクラホマ州(タルサ市)に留学し、その時学んだことは今でも大事にしていますと付け加えました。彼らは明日以降福岡県も訪問し、学校訪問や県庁、「令和」の発祥地 太宰府見学、ホームステイなどを行い、日本を「学習」することとなっています。
皆さんの若さには、さすがの私も圧倒されました。若さとは本当に素晴らしいものです。