青森県遊説、『滝沢もとめ』氏を

   青森県の参議院候補「滝沢もとめ」氏の応援に盛岡市、弘前市にやって来た。滝沢氏は県議会を経て参議院1期、環境、国土分野を得意としており、地元青森のために懸命に働く、麻生派で同志でもある。

  相手は野党統一候補、なかなかの強敵だ。私は言う、決して油断してはならない。選挙は厳しいことをもって本望とすべきである、厳しければ厳しいほど、本人も陣営も努力し、身を律するものである。相手候補はいわゆる「野党の野合」と言われる。民主系も共産党も政策を述べないかわり、一旦選挙が終われば、再び野党間の闘争の修羅場になる、そんな政党にこの国を任せられるか。

  政治の安定あってこそ、初めて経済も政治も外交も社会政策も語られる。