「田中角栄先生」に接する

  柏崎刈羽から新幹線長岡駅への帰路、「田中角栄記念館」に寄りました。元総理、田中角栄先生はこの地域(西山)のご出身。余りに大きな活動、人臣を究め、波乱万丈の人生・・・、われわれが比すべきものは何もないが、われわれが政治家として学ぶべきことは余りに多く残された。
  村を流れる「別山川」に架かる4本の橋には、それぞれ「和田橋」、「市中橋」、「井角橋」、「東栄橋」と田中角栄先生の名前の各字が冠されているという。

  なお、私はその昔、一度だけ晩年の田中先生にお会いしたことがある。昭和60年春、私は通産省勤務を終え、政治生活を始めようとする時に砂防会館にてご挨拶した。私の岳父「前田かずお(佳都男)」が生前、田中派の参議院議員を務めており、特段の激励を賜った。それは緊張の瞬間であった。