「星空の街、あおぞらの街」全国大会、北海道東部

  『星空の街、あおぞらの街』全国大会が北海道 弟子屈(てしかが)町で行われた。平成元年に始まり、今回で31回目、全国370自治体が参加している。 自然環境を限りなく保存し、かつ観光、地域興しへの活用も目指す。式典には高円宮妃殿下が臨席された。
  夜には屈斜路湖畔にて満天の星空、星座群の解説を聴いた。