熱中症対策、各省連絡会議

  連日の高温で全国、熱中症(搬送)患者が急増しており、死亡者も多く出ています。熱中症の話題は、台風の発生などとともにいつも気象情報のトップを占めています。熱中症対策は全政府の問題ですが、8月8日、環境省が関係省庁を集め緊急の対策連絡会議を開催して、現状と今後の取り組みなど意見交換しました。
  お盆を過ぎて「残暑」の時季を迎え、人々には夏の疲れも溜まってきます。水分の補給を忘れないなど、当たり前のことをこの時期にそれぞれが一層確認しあうことが大切です。「男性も日傘をさそう」、と私の運動も紹介しておきました。