女子世界選手権、姉妹で目指す

  レスリングの「入江ゆき」、「ななみ」選手は姉妹で日本代表、秋の世界選手権大会(カザフスタン)に出場します。私は福岡県少年 レスリング連盟の会長も務めており、 その激励会に 北九州市小倉まで駆けつけました。2人は来年の東京オリンピックでも非常に有望 な選手で、地域の皆さんとともに、つい必勝の応援にも力が入りました。 
  小さな身体で、可愛い笑顔をして、どこにそんなパワーがと思うのですが、どんなに厳しい練習を積んできたのでしょう、かすかに残る耳の変形(たこ)こそそれを伝えています。私の同志で、地元の辻監督の涙ぐましい指導、そして何より(もう1人妹を加えて)3姉妹をレスリング選手に育ててくれた入江家ご両親 に心から敬意を表します。

  私は柔道が専門ですが、高校生のアメリカ留学の時にレスリングの訓練も本格的に受けました。最後はオクラホマ州の選手権大会で負けましたが、そこで 得たこと、 学んだことは本当に大きく、ジム・セラーズ監督は今もなお「生涯の師」として 慕っています。