サウジアラビアへの出張。確かに、暑い!

  今サウジアラビアに来ています。来年は、サウジアラビアがG20会議の議長国になります。今年は日本が議長国でしたが、その先輩国として、申し送るべきことを伝えるために訪問しました。サウジは遠い、ドバイ空港で乗り換え、サウジの副首都ジェッダに着きました。
  ファドリー環境・農業大臣と会談し、廃棄物処理対策、海洋プラスチック汚染、G20議長国問題等広く環境問題を議論しました。続き、大臣が本来実業家ということもあって、貿易や経済問題にも話しが及び大変に中身の濃い会談となりました。
  夕刻には首都リヤドまで飛び、大使公邸にて、日本人会の代表団らとの懇親が行われた。サウジは中東では圧倒的に存在感の大きい国です。私も通産省の時代から40年以上、石油経済や外交で関わっていますが、久しぶりに現地を訪問して、改めてこの国の戦略的重要性を再認識しました。イランやエジプト、イスラエル、当然米中ロ、仏独EU、日本の立ち位置など、ここは世界の政治、経済、外交の交流点で、それ故に、この国の政治運営、王室や社会的自由化政策、イスラム宗教の動きなどには目が離せないとの上村 司大使らの解釈には大いに学びました。                                     サウジアラビアに来て、暑いかと問われれば、暑い。しかし日本も暑い、熱中症に気をつけていると答えています。