9月1日、「防災の日」

  朝はまず「内閣府原子力防災大臣室」において身を引き締めました。
  続いて徒歩で官邸に出向き、官邸では安倍総理の主催「緊急防災対策本部」会議。東京直下型、震度7・5を想定に災害対策を検討。
  続いて、環境省に登庁し、幹部職員と防災対策会議。最後は私から防災訓示を発しましたが、「訓練は本番のように、本番は訓練のように」という慣わしの言葉で締めくくりました。