安倍首相、在職歴代1位

  安倍晋三首相が在職2887日を超え、『桂太郎』氏を抜いて歴代1位となった。これを新聞、テレビなどが一斉に扱い、「安倍一強」など(不思議に)否定的な論調も多い。以下は、私が最も優れていると思った新聞記事。

  「安倍首相は同じ山口県の『桂太郎』を抜いて歴代最長となった。野党をはじめ「長期政権の弊害」ばかり論ずる人が多いが、政治の安定、外交の継続性、長期政策の実現など、今われわれ日本人は素晴らしい時代にいる。安倍氏に長期政権を託したのはわれわれ国民であり、それこそ民主主義の正しい実践そのものであって、周りの国を見ればすぐ分かる。
  たしかに在任期間が長ければいいというものではない、大事なことは何を成し遂げたかである。戦前3度内閣を率いた桂太郎は、日英同盟締結、日露戦争勝利と大きな実績を残した。比較的地味に扱われているが、往時の軍人、山縣有朋、乃木希典、東郷平八郎らの派手さと抗いながらの政権運営、人心掌握は、今とは全く違う苦労があったに違いない。
  安倍首相にとって、日露戦争勝利に匹敵する実績といえば「憲法改正」しかないだろう。それを成し遂げて初めて桂太郎を超えたことになる・・・」 ( 11月20日「世界日報」コラム )