台風19号被災地、衆議院委員会 視察

  10月中旬に起きた台風19号は東北地方に大きな被害をもたらしましたが、今日(11月25日)には衆議院「災害対策特別委員会」(委員長代理)として、福島県郡山市、本宮市、宮城県丸森町を現地視察しました。事前の学習や報道で予備知識はありましたが、現実に現場を目の当たりにすると、改めて自然災害の大きさを実感しました。これら両県は東日本大震災を経験した所でもあります。私も2年半前の地元 福岡県朝倉市、東峰村豪雨災害を二重写しに思い出しました。3市町ではそれぞれ意見交換、見舞金授与、記者会見などをこなしました。