英語「大学入試改革」で、私立小学校を見学

  懸案の英語「大学入試改革」では、私が自民党の検討会委員会の委員長をしていますが、その検討の一環として、都内の私立小学校( 「昭和女子大学附属」)を見学してきました。小学校2年生と5年生の2クラスの英語授業を実地に見学しましたが、遊戯的な要素を取り入れた工夫と合わせて、徹底したlistening ( リスニング 、聞き取り)で全て進められており、日本人教師が全て英語で話しかける、子供たちはほぼ正確に聞き取ってその指示に従う、という授業です。               英語教育の基本は先ず耳からの聞き取りが必須で、文字や文法など目から入ってくるものは後から着いてくる、という語学教育思想に依っています。私にとってはかなり衝撃的な体験でした。
  議員団と教師陣との意見交換でも様々な意見と回答が出され、大いに学ぶところがありました。これだけの英語授業は、やはりこの有名私立学校だから出来ることで、一般の公立学校ではとても難しいという印象は拭えません。
  自民党での私の使命(仕事)は、先ず英語の大学入試という極めて技術的、具体的な課題に対応することですが、しかし同時に、日本人の英語教育は本来どうあるべきかという根源的な課題にも対応したく、その回答作りは容易ではありません。今後中学校、高等学校、大学等々、場合によっては先進的な外国系企業等をも訪問して英語の教育、実践活動も視察したいと思っています。