日中会談、「国賓問題」に疑義。日中韓首脳会議。

  中国を場所にして、日中韓三ヶ国首脳会議が行われた。報道は物々しいが、特段に目立つものはない。
  習近平国家主席の「国賓問題」。安倍氏と習近平氏との会談で、新聞各紙には、安倍氏が、尖閣侵入問題や日本邦人の拘束問題に強く自制を要求したと書いてあるが、一方外務省が各議員事務所に届けた議事録には、そのやりとりは一切触れてない。穿(うが)った見方をすれば、習近平氏との実際の会談では専ら「歓迎、歓迎」を称えるだけで、尖閣問題など殆ど触れておらず、しかし、報道官の記者会見では「安倍首相が自制を要求した」類いの説明をしたとも考えられる。外務省の悪い癖で、私は外務省の担当(事務方)を電話で詰問したが、要領は得なかった。
  私は真剣に懸念しているのだが、国賓問題は本当にこのままでいいのかということ、アメリカや世界の国々、何よりわが国民が許すかということ。「国賓」と「来日」とは天地ほどの差がある。私は更に国の善処を訴えていくつもりである。

  日韓会談では安倍首相は「徴用工問題」で原則論を突っ張り、何ら妥協を見せなかったことは良かった。