大学と高校。英語学習の現場視察

  自民党の「大学英語入試 検討委員会」(仮称)の現場見学として、「秀明大学」(千葉県)及び「両国高校、同附属中学」(東京都)を訪問しました。学校側、学生たちとも懇談しましたが、大変勉強になりました。

  「秀明大学」については、英語のみの授業、外人教師、英国への短期留学、全寮制、「学校教師学部」などの特異性を持ち、「学校教師への就職率全国一」、「あいさつ、服装を含む全人教育」を誇るなど、教育方針が非常に明確であった。
  「両国高校」は都立高校としては珍しく「中高一貫」で、かつ英語学習には専ら「話す、聴く」を含む積極的、能動的な授業を行う。中学の段階から「4技能」=「読み、書き、話す、聴く」の習得を目指している。公立学校でもこのような独自の英語教育が出来ること、生徒の殆どが正確な英語発音(LとR、Sとthなど)が出来ていることなどに内心驚いた。外国人教師の活用など。なお、「芥川龍之介」の出身校という、(肖像画)。