美しい笑顔と強い決意が、「マスクを取って挨拶を」

  福岡市の郊外にOISCA(オイスカ)という国際機関(支所)があります。OISCAは主としてアジア諸国の青年たちを日本に招聘(しょうへい)して農業技術を支援する組織で、私は昔から地元でも、また東京(本部)でも、世話をしている1人です。今日は1年の研修期間を終えての卒業式で、全員近日中に帰国します。10数ヶ国からの人々です。
  来賓からはそれぞれ力強くも温かい励まし、日本との絆の大事さを訴えられました。私も同じく挨拶に立ち、60年も前アメリカからの留学帰りに当時のケネディ大統領から、「祖国のためにしっかり頑張るよう」にと激励された個人的体験を話しておきました。
なお時節柄(新型コロナ・ウイルス対策)、全員がマスクをしていましたが、私は敢えて皆に「マスクを取ってお客さんに素顔で挨拶しましょう」と促しました。一斉に、何と美しく、力強い決意がそこにあったでしょうか、会場から最大の拍手をもらいました。