自民党「大学英語入試 改革案」を萩生田文部科学大臣に提出

  昨年11月に、自民党の「改革案作業チーム(WT)」座長となった私は、精力的に働いた。大学、高校などにも足を運び、業界の意見を聞き、党内の討論を重ね、原案を策定した。党内政務調査会長の了解を得て、自民党として文部科学省 (政府) に提出をした。文科省にも専門家委員会があり、最終的には今年1年くらい掛けて、政府案が決められる。
  私はいつも、英語教育こそ(日本人が弱いとされてきた)国際人、グローバル人材の育成の鍵であり、今や「4技能」(読み、書き、話す、聞く)の総合的引き上げこそ必須であり、その中で大学入試の果たす役割は特に大事だ、と訴えてきた。
  今回の報告書で十分尽くされたかどうか、今後、文科省はじめ世の中の動きを注意深く見守って行きたい。