志村けん、死す

  志村けんがコロナウイルスで死んだ。コロナを甘く見るな、と警告を残して。騒がしい男であった。「東村山」を全国区にした。「最初はグー」は日本人の習慣になった。バカばかり言っていた。
  しかし、優しかった。温ったかかった。(一方的)長い付き合いになる。『8時だよ、全員集合』からである。ドリフターズとか言って、いかりや長介という親分がいて、あの頃には志村がいたのか知らない。『いい湯だな』が流行った。私もつい持ち歌にして、しかも今も(ソラで)歌えるのだからしつこい。
  こっちもいい時ばかりでなかった。もう選挙をやっていたか知らない。くしゃくしゃして家に帰った時、テレビが賑やかに騒いでいた。俺がこんだけ悩んでいる時、ようあれだけバカをやってるな。難しい顔をして、じっと見入って、最後に、ま、明日があるか、と我にかえる。
  志村けんは死んだ。テレビが生前を繰り返す。大笑い、戯(おど)けて、バカを言い。本当に心は笑っていたのか、つい思う。志村も人間だった、外には笑いを振り撒いていた、しかし心では泣いていたかも知れない。
コメディアンが、志村けんはこれからも生きている、と言い切った