躍動する美術家たち

  お誘いを受けて福岡市の美術展(「Art Wave現代美術展」)を鑑賞してきました。30人ばかり全国気鋭の美術家たちの集大成で、多くの秀作、力作が並んでいます。私は自分で絵画をやったことはありませんが、何故か観ること、鑑賞することは大好きで、テレビの絵画番組を観ることはもとより、地元公民館の絵画展にも大抵顔を出します。
  このコロナ禍の下で、美術家、芸術家たちも例外なく苦労しています。その中で、彼らは懸命に努力し、自らの世界観を色彩に託そうとしています。この美術家たちが心おきなく絵筆を振るえる時代こそ、本当に豊かと言える社会だと考えます。
  なおこの美術展、前日には福岡県の小川県知事も訪問してくれたと、楠本惠子さんら一同沸き立っていました。