急遽地元へ、豪雨視察

  急遽、福岡に戻りました。国会の仕事は、後日にでも調整出来ます。
  九州全域、雨が止まらない、テレビは刻々、筑後川流域、朝倉市、筑前町を頻繁に呼び上げる。東京で自分の市町村を聞くのは悲喜交交です。
  4時到着、福岡空港からは各役場に直行し、筑前町長とは情報の交換、朝倉市長、東峰村長は現場視察で出ておられたが、留守居部隊には親しく労いと激励をしました。各地には何ヶ所も体育館、公民館に臨時避難所が出来ており、中には10人前後が思い思いの避難生活が始まっています。さすがに顔馴染みが何人もおります。コロナ対策として、手のアルコール消毒とお互いのディスタンスが守られています。
  夜は10時前に帰宅しました。今日も1日中強い雨が降っていたので災害の発生も心配されます。テレビは、ほぼ途切れなく九州各地、とりわけ熊本県の被害状況を伝え続けています。