「GoToキャンペーン」、健闘を祈る。

  新型コロナ禍の脅威が依然と続くところ、政府の打ち出した旅行・観光促進策「GoToキャンペーン」が思わぬ困難に直面している。国中の地方都市、中小企業が苦しんでいる、とりわけホテル、旅館、観光地は7、8月の繁忙期を迎えて深刻な苦境にある。政府、国交省(観光庁)が経済振興策を急ごうとするのは正しい。
  一方、東京首都圏ばかりか、全国で感染者発生が収まらず、事態はむしろ「第二波」をさえ思わせる。その中でこの政策。コロナ発生の読みが難しかったこと、政策の企画立案に時間的焦りと準備不十分が重なったこと、東京都を対象から外す、予約キャンセル料を補填する、しない・・・と混乱が続いている。自民党本部での政務調査会議(写真)では議員から不満と意見が噴き出し、テレビの民放ワイドショーでも非難と悪口が飛び交う・・・
  コロナ禍はそれくらい未曾有の大事件であって、政府や政治がある程度混乱するのはやむを得ないが、しかしこのところのドタバタ振りは心配である。新しい大型対策を練るときは、十分な調査と科学的データ、業界や地元関係者との意見調整を踏まえて実行し、更にその政治的評価も余程慎重にやらなければならない。多額の予算を使い、折角の目玉政策が国民の不興を買っては意味がない。アベノマスクも10万円個人給付も、似たようなごたごたを経験した。
  今が非常に大事な時で、こういう時こそ、安倍首相、閣僚、官僚はどっしりとした対応で、国民の不安解消に徹しなければならない。
    「GoToキャンペーン」は7月22日からスタートする。