「コロナ後は」地元国政報告会、YouTube始める。

  今日は地元福岡県(筑紫野市)にて衆議院選挙に向けた「国政報告会」を開きました。安倍首相「辞任表明」の翌日という偶然の日付けに、世の中は驚いていましたが、私はこれも「運命の為せる業」と認識しました。安倍首相のやり残した仕事こそ、次の首相のみならず私ら残った政治家への申し送りと考えています。
  大きな会場は対コロナ「三密対策」で敢えて動員はしなかったのですが、大方満パイとなりました。さらに新しい試みで今回はYouTube、オンラインを導入して、いよいよ私の選挙も電脳(SNS)仕様を採用したこと、今後は東京でも北海道でも、全国の同志らともリアルで交流し、また彼らから最新の情報を流してくれることになりました。
  報告会は横尾秋洋氏(前市議会議長)の代表挨拶に続いて、私が専ら「afterコロナ、withコロナ」を議題に、感染症対策、日本の社会構造問題、日本の経済競争力、超ディジタル社会、中国の覇権主義という5つの具体的テーマで概説をしました。時間の制約で要点だけで終えましたが、今後それぞれにつきYouTube などで詳しい議論を展開したいと思います。
  自民党総裁選が済めば追っ付け衆議院選挙です。地元の大小会合を重ねながら、心身共に選挙態勢が高まっていくのを実感します。