自民党総務会、「両院議員総会方式」決定

  党総務会は今日、総裁選の投票方式として、現在が「緊急時」という理由で、全国の党員選挙をとらず「両院議員総会方式」(衆参議員と各県連の合計)で行うことを決めた。  多くの異論も出されたが、結局これで決を取られた。各県連票(3票)については、事実上の党員選挙を行い、それぞれ出来る限りの意見集約が図られることが望ましいとされた。